Amsterdam

オランダの窓から

主催: Joy of Travel
協力: Yoshiya. Kay, SHEJAPAN ltd.,日本旅行作家協会中東欧・南アフリカグループ


オランダ在住56年の画家・ゴッホ研究家・エッセイストの 吉屋敬さんにオンラインでお話を伺います。

吉屋さんのフェルメールやゴッホ・ゴーギャン等画家を読みとく講演は何度か拝聴しました。 綿密なリサーチに基づくお話はいつも説得力があります。

この度56年の異文化体験をレーウヴェイク湖のご自宅から話して頂けることになりました。

『オランダ生活56年目を迎える今までの私が経験したり、感じたりしたことのエッセンスを お話します。数多くの図版を見ながら、ビビッドなオランダ像が浮かび上がってくるよう期待しています。』と書いてこられました。

オランダの窓の話、多民族国家オランダ、日蘭関係とWWII, オランダ王室、ゴッホとの出会い、教会と宗教画などなど盛りだくさんです。

講演の後には定例の朗読をお楽しみ頂きます。 吉屋さん書き下ろしのエッセイを郷圭子さんが朗読してくださいます。

下記の「会の詳細」をご覧ください。ご参加をお待ちします。

渡辺節子


Kay Yoshiya
  1. 日時: 2021年6月25日(金曜日)20:00〜21:30 ※19:45開室
  2. 場所: Zoom
  3. 会費: 1000円
  4. プログラム
    1. 20:00~20:15
      主催者の挨拶
      渡辺節子 Joy of Travel代表
    2. 20:15~21:00
      講演『オランダの窓から』
      吉屋敬 Kay Yoshiya 画家・エッセイスト・ゴッホ研究家
    3. 21:00~21:10
      朗読『優雅なる日々』
      出典:『楡の木の下で=オランダで想うこと』 未来社刊1990年
      郷圭子
    4. 21:10~21:30
      質疑応答 
  5. 申し込みはこちらから